ギャラリー展「シリーズ明治150年①「結城寅寿-仕掛けられた罠-」開催中です。(~8/19)

ギャラリー展 シリーズ明治150年結城寅寿-仕掛けられた罠-

会期:7月24日(火)~8月19日(日)

展示解説:8月12日(日)13:30~

弘化元年(1844)5月6日の甲辰の変で、9代水戸藩主徳川斉昭は失脚しました。かわりに藩の実権をにぎったのは、斉昭の寵臣・結城寅寿。寅寿に裏切られたと感じた斉昭は、驚くべきことに、自ら「紙屋長兵衛」という商人になりすまし、寅寿に対して、まるでスパイ映画のような罠を仕掛けていきます。本展では、旧藩主が家臣に仕掛けるという前代未聞の秘密工作の諸相と、寅寿の悲運の結末を、当時の関係資料からたどっていきます。

 

 

結城寅寿肖像(当館蔵)