テーマ展「水府美術譚」WEBよもやま話 その2

web よもやまばなし~水府美術譚より~ シーズン4
 

その2 茨城新聞 そして IBS & ifm で紹介していただきましたっ!

みなさんこんにちは!フーテンの風狂野郎です。
世の中は参議院選挙に突入、恨み節を言うわけではありませんが、この始まったタイミングでなかなか宣伝が軌道に乗っているわけではありません。
でも、「いばらき愛」にあふれる地元メディアは強い味方です。いつもながら本当にありがとうございます。

いずれもとってもフレッシュな、若い女性記者&レポーターさん!! あっしもフ~テン・・・なんて言ってる場合ではありません。
今回はその逆レポートを簡単にお届けします。

茨城新聞の県内総合面では「水戸藩ゆかり 絵や書」という見出しで(す、すいません。書は2点ほどなんですが(汗))過分なる紹介をしていただきました。
水戸の市立博物館は開館から今に至るまで地元水戸の画家・画人の作品を大事にして意欲的に収集してきました。その考え方や熱意は本当に頭が下がります。そのすばらしいコレクションを一同に展示できる喜びをかみしめているフーテンの風狂野郎でした・・・熱心に取材をしていただいて、記事を書いて下さった大貫記者ありがとうございました。またよろしくお願いします。

そして
IBS & ifmでは、6月23日午前11時過ぎのスクーピーレポートで「水府美術譚」の紹介をしていただきました。

フーテンの風狂野郎も声で出演しました。
レポーターは前田古都さん!
歴史大好き、刀剣大好きという まさに歴史館にはうってつけのレポーターさんでした。
古都さんという名前でお気づきかと思いますが、奈良県のご出身だそうです。

約10分間はあっという間なんですよ・・・・
打ち合わせをして、いざ本番。
何回かやっている私も緊張!
展示の概要、画家・画人の簡単な紹介、
作品のピックアップ紹介など 言いたいことを
全部言えたかというと、いつものことながら字余り~
でも楽しかったです。前田さんありがとうございました。

さて次の日曜日(6月26日)、1回目の展示解説をおこないます。
時間は11:00と14:00
所要時間は約50分です。
質問も大歓迎、絵はいろんな見方があります。
そのおもしろさや「へ~ぇ」を伝えられたらいいかなあと思います。

いずれも入館の手続きをお済ませいただいて総合案内前に集合ください。

さぁ次回からは本当のよもやまつれづれ話といきます。
フーテンの風狂野郎でした。

皆様のお越しをお待ち申し上げます。

皆様のお越しをお待ち申し上げます。

雷公様も待ってますよ。

雷公様も待ってますよ。