2/6~ 特別展 「茨城の宝Ⅰ」

 

 特別展Ⅱ 茨城の宝Ⅰ(平成28年2月6日~3月21日)

茨城の宝縦バナー

 茨城の地は水と緑の豊かな大地が広がっています。そのすばらしさを1300余年前に記録し,今に伝えるものに『常陸国風土記』があります。奈良時代に全土60数カ国に撰進の命が出されましたが,現存するものは常陸国を含めて5カ国(出雲・播磨・豊後・肥前)しかありません。東日本で唯一残った『常陸国風土記』には,当時の人々の生活やその中でうまれた信仰,自然環境や物産などが記録されています。

 農耕社会の営みの中で,葬祭儀礼や神仏への畏敬と信心は,古墳や鹿島神宮,国分寺などに代表される多くの造形物を生み出してきました。

 本展では,時を越えて受け継がれてきた文化財,すなわち「宝」をよりどころとして,風土記の時代より遺されてきた茨城の歴史と文化に光をあてます。

チラシはこちら(PDFファイル)
◇出品一覧はこちら(PDFファイル)


 

 

特別展関連行事

 

>>>>>> トークセッション (要入館券)<<<<<<

演題 「常陸名所図屏風を探る!」

日時 平成28年2月20日(土)  午後2時~4時

ゲスト 猪岡 萌菜 氏(千葉大学大学院)

定員 200名(当日9:30より整理券配布 先着順)

 

>>>>>>関連講座 (要入館券)<<<<<<

①「風土記と考古学」

  日時 平成28年2月14日(日)  午後2時~3時30分

  定員 200名(当日9:30より整理券配布 先着順)

   担当 当館首席研究員 小澤 重雄

②「鹿島神宮の宝」

  日時 平成28年2月21日(日)   午後2時~3時30分

  定員 200名(当日9:30より整理券配布 先着順)

  担当 当館史料学芸部長 大津 忠男

②「茨城の宝-仏教美術-」

  日時 平成28年2月28日(日)   午後2時~3時30分

  定員 200名(当日9:30より整理券配布 先着順)

  担当 当館主任研究員 原口 知武

 

>>>>>> 展示解説 (要入館券)<<<<<<

①「風土記以前と風土記の世界」

  日時 平成28年2月11日(木・祝) 午前11時~,午後2時~ 各回45分

②「風土記と鹿島神宮の宝」

  日時 平成28年3月5日(土)    午前11時~,午後2時~ 各回45分

③「茨城の仏教美術」

  日時 平成28年3月13日(日)   午前11時~,午後2時~ 各回45分

  担当 当館主任研究員 原口 知武

 

>>>>>>小・中学生向け展示解説(要入館券) <<<<<<

   日時 平成28年3月6日(日)    午前11時~,午後2時~ 各回30分

  担当 当館主任研究員 原口 知武

      (高校生以下は,無料。大学生・一般の方は,入館券が必要です。)

 

>>>>おもしろ常陸国風土記イラスト・写真展(要入館券) <<<<

  会期中前日

  歴史館エントランスホール及び2階ギャラリー

  

 


  会期と休館日

会        期     2月6日(土)~3月21日(月)
 会期中の休館日

2月

8日(月) / 15日(月) / 22日(月) /  29日(月)

開館時間

9:30~17:00(入館は16:30まで)

入館料

料金区分 一般 大学生
特別展期間 600円(480円)

310円(240円)

※( )内は20名以上の団体料金
※大学生には専修学校、各種学校及び高等専門学校の在学生を含む
※次に該当する場合は観覧料が無料となります。
小・中・高校生・未就学児・満70歳以上の方 
身体障害者手帳等をお持ちの方と付き添いの方1名


年間パスポート(好評発売中!!)

  ※年間パスポートは、発行日から1年間、何度でも入館可

料金区分 一般 大学生
年間パスポート 1,030円

510円

※専修学校及び各種学校の生徒並びに高等専門学校の学生は大学生として扱います。
※歴史館総合案内で,利用方法等をご確認のうえ,お申し込み下さい。
※大学生用の年間パスポートを購入される場合には,学生証をご持参ください。