1. HOME
  2. イベント・行事
  3. 各種講座
  4. 日曜歴史館[黒澤止幾と明治維新]

日曜歴史館[黒澤止幾と明治維新]

安政6年(1859)水戸藩領錫高野村(現城里町)の寺子屋師匠黒澤止幾は,日米修好通商条約調印をめぐり幕府から謹慎処分を受けた前水戸藩主徳川斉昭の無罪放免を朝廷に嘆願するため単身上京,安政の大獄で逮捕,追放刑に処せられます。幕末には「草莽の志士」と呼ばれるような多くの人々が身分を問わず政治活動に参加しましたが,止幾のように女性で,しかも男性志士の支援的活動ではなく,自らが主体的に行動を起こしたのは,非常に稀有な例といえます。
本講座では,止幾がこのような行動を起こすに至った社会的背景と要因,行動の実際とその意味を考えていきます。

担当/長谷川 良子

日時/1/12(日)14:00~15:30
場所/当館講堂
定員/200名
対象/高校生以上
※当日9:30~総合案内にて整理券配布

今後のイベントカレンダー

| 各種講座