日曜歴史館(10月7日)のご案内

幕末の水戸と宇和島-徳川斉昭と伊達宗城-

  講師:宇和島伊達文化保存会 研究員 仙波 ひとみ 氏

平成30年10月7日(日)14:00~15:30 当館・講堂

 幕末の四賢侯として知られる伊達宗城。若き日の宗城にとって、徳川斉昭はあこがれの 人でした。斉昭も日本の将来をになう有志として宗城に大いに期待し、斉昭・宗城を軸に、 水戸徳川家と宇和島伊達家は深いきずなで結ばれていきます。宇和島伊達家に伝来した 数々のゆかりの品を紹介するとともに、その背後にある物語をたどっていきます。

定員:200名(当日9:30より整理券配布) 

お気軽にご参加下さい