日曜歴史館(9月3日)のご案内

特別展Ⅰ関連講座 志士のかたち

          -桜田門、天狗党、そして新選組-

当館 由波 俊幸

平成29年9月3日(日)14:00~15:30 当館・講堂

 今年は,水戸徳川家に生まれ15代将軍となった徳川慶喜が大政奉還を行ってから,150年をむかえます。こうして武士の時代には終止符が打たれ,わが国は近代国家への大きな転換点をむかえたのです。


この歴史的な節目の年にあたり,当館では,近代日本の原点をさぐるべく,わが国の幕末維新史を再考する特別展「志士のかたち -桜田門,天狗党,そして新選組-」(平成29年10月7日~11月23日)を企画しました。本講座では,特別展開幕を前に,その企画意図や展示のみどころを紹介します。


幕末の動乱は,志士の時代の到来を意味しました。多くの志士は,藩や身分・格式といった従来の秩序や枠組みをこえて,全国におよぶ交流網を築きあげていきました。本講座では,幕末維新という大変革の原動力となった水戸藩を中心に,茨城ゆかりの志士の人物像に焦点をあて,その動向や多様な世界観にせまります。そのうえで,幕末維新史において彼らが果たした歴史的役割と,その特質を浮かび上がらせます。また,多彩な群像の生涯を彩る名品の数々や,動乱期の様相を伝える歴史資料をあわせて紹介します。

定員:200名(当日9:30より整理券配布) 

お気軽にご参加下さい