日曜歴史館(7月2日)のご案内

茨城の民俗学者・藤田稔のみた世界

当館 林 圭史

平成29年7月2日(日)14:00~15:30 当館・講堂

 

茨城県立歴史館には,茨城を代表する民俗学者・藤田(みのる)氏(19222013が撮影した約20,000点の写真資料が保管されており,現在,その整理を進めています。私たちが日常生活を営むなかで育んできた様々な文化は,身近なものであるがゆえに,かえって記録に残りにくいものです。藤田氏は,民俗調査を通して,ごく身近にある生活文化を撮り続けました。氏が茨城県内各地の生活文化を記録し始めたのは,日本が戦後から高度成長期へと向かう,まさにそのさなかでした。

今回の講座では,氏の民俗研究を辿るうえで鍵となる,当時の時代状況や問題意識,あるいは教育者でもあった氏の教育観・学問観との関連も視野に入れながら,「藤田稔写真資料」がもつ魅力や可能性についてお話しします。

 

 

定員:200名(当日9:30より整理券配布) 

お気軽にご参加下さい