国立公文書館所蔵資料展「資料が語る日本の歴史 茨城のあゆみ」

kobun

h25kaisetsuin_2
チラシ 表
fudoki
チラシ 裏

当館では、このたび、国立公文書館所蔵資料展を開催いたします。 国立公文書館が、所蔵資料をより多くの方々にご覧いただくため、昨年度より各地の公文書館等で展示会を開催しています。東日本では最初の展示会になります。

国立公文書館と当館の資料をもとに、幕末から、明治、大正、昭和にかけての日本の歴史と茨城のあゆみをご紹介します。

教科書に登場する歴史資料や、茨城県に関する資料などを、実際に見て、読んで、日本の歴史と茨城のあゆみを、より深く学んでみませんか。

 

開催期間:平成25年12月7日(土)~平成26年1月26日(日)

※休館日 月曜日(月曜日が祝日の場合は、その翌日)12月29日~1月1日

開催時間:9:30~17:00(入館は、16:30まで)

 

 

 

 

主な展示資料

「民撰議院設立建白書」

  板垣退助らによって提出された、民撰議院設立建白書(明治7年)

「茨城県下常磐村好文亭保存ノ件」

  偕楽園好文亭の修繕保存費支出に関する伺い(明治12年)

「農地改革紙芝居」

  戦後「農地改革」宣伝のために作成された紙芝居

「国民所得倍増計画」

  池田勇人内閣総理大臣らの花押(サイン)がある「国民所得倍増計画」の閣議書(昭和35年)

 

関連行事

 >>> 展示解説(要入館券)<<<<<<<<

平成25年

12月8日(日),21日(土)

平成26年

1月13日(月・祝)

各日とも 11:00~,14:00~

 

 

 >>>  講演会 (要入館券) <<<<<<<<< 

平成26年

1月19日(日) 14:00~15:30 

「教科書に登場する史料から読み解く日本史」

講師:河合 敦 氏(歴史作家,歴史研究家)

定員:200名(当日受付 9:30より整理券配布) 

 

 


  会期と休館日

会        期     12月7日(土)~1月26日(日)
 会期中の休館日

[12月]

9日(月) / 16日(月) /24日(火) / 29日(日) ~ 31日(火)

[1月]

1日(水) /6日(月) / 14日(火) / 20日(月)

開館時間

9:30~17:00(入館は16:30まで)

入館料

料金区分 一般 大学生
特別展期間 150円(120円) 80円(60円)

※( )内は20名以上の団体料金
※大学生には専修学校、各種学校及び高等専門学校の在学生を含む
※次に該当する場合は観覧料が無料となります。
小・中・高校生・未就学児・満70歳以上の方 
身体障害者手帳等をお持ちの方と付き添いの方1名


年間パスポート(好評発売中!!)

  ※年間パスポートは、発行日から1年間、何度でも入館可

料金区分 一般 大学生
年間パスポート 1,000円 500円

※専修学校及び各種学校の生徒並びに高等専門学校の学生は大学生として扱います。
※歴史館総合案内で,利用方法等をご確認のうえ,お申し込み下さい。
※大学生用の年間パスポートを購入される場合には,学生証をご持参ください。