テーマ展Ⅱ 見て ふれて 楽しい考古学-茨城県教育財団調査遺跡紹介展2018-

テーマ展Ⅱ 見て ふれて 楽しい考古学-茨城県教育財団調査遺跡紹介展2018-

            平成30年12月1日~1月27日

毎年県内では多くの遺跡が調査され,その成果は現地説明会や発掘調査報告書の刊行という形で公表されています。当館では,(公財)茨城県教育財団が主に平成29年度に調査した遺跡の中から代表的な遺跡を選び,その性格や当時の生活の様子を紹介します。

チラシ表     チラシ裏

◎展示遺跡について◎

今回の展示では、現在、茨城県教育財団にて整理作業を進めている東田中遺跡(石岡市)、瑞龍遺跡(常陸太田市)、九重東岡廃寺、金田西遺跡、島名熊の山遺跡、島名中台遺跡(つくば市)の成果を公開します。また関連展示として歴史館が保管する古代の瓦資料を展示しております。

金田西遺跡出土「温石」

金田西遺跡出土「温石」

 

島名熊の山遺跡出土「堤瓶」

島名熊の山遺跡出土「堤瓶」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎展示解説◎ 

◆教育財団調査員による解説

  12/2(日) 12/9(日) 平成31年1/6(日) 1/20(日)

  各日10:30~(約30分)

◆歴史館研究員による解説

  平成31年1/13(日) 1/27(日)

  各日10:30~、14:00(約30分)

◎イベント◎ 要事前申込

◆鹿角ペンダントづくり

  平成31年1/26(土) 13:30~

  対象・定員:小3~中学生 20名

  申込先:茨城県立歴史館 〒310-0034 水戸市緑町2-1-15 

  お問い合わせ先:TEL029-225-4425

  申込方法:往復はがき

       またはホームページ

       (メールにてお送りください daihyou@rekishikan.museum.ibk.ed.jp       

      ※行事名・住所・氏名・電話番号明記(1通につき2名様まで記入可)

       申し込み多数の場合は抽選