平成29年度 特別展Ⅰ 志士のかたち-桜田門、天狗党、そして新選組-

     平成29年度 特別展Ⅰ 志士のかたち-桜田門、天狗党、そして新選組-

        会期:平成29年10月7日(土)~11月23日(木・勤労感謝の日)

tokutira

 

 

                  

 幕末の動乱は、志士の時代の到来を意味するものでもありました。志士とは、みずから選択した目的や理念にしたがい、国事に奔走した人びとのことです。多くの志士は、藩や身分・格式といった当時の社会における秩序や枠組みをこえて、全国におよぶ交流網を築きあげていきました。

平成29年は、水戸徳川家に生まれ江戸幕府15代将軍となった徳川慶喜が大政奉還を行ってから、150年目をむかえます。近世武家社会から近代社会へと向かう大きな転換点から節目の年にあたり、当館では、近代日本の原点をさぐるべく、我が国の幕末維新史を再考する特別展を企画しました。

本展では、幕末維新という変革の大きな原動力となった水戸藩を中心に、茨城ゆかりの志士の人物像に焦点をあて、その動向や世界観をさまざまな角度から読み解いていきます。そのうえで、幕末維新史における歴史的役割と、その特質を浮かび上がらせます。また、多彩な群像の生涯を彩る名品の数々とともに、動乱期の様相をあわせて紹介します。 

チラシはこちら

 

入館券の優待割引について

 

 

 

イベント案内

○講演会Ⅰ<要入館券>

演題「水戸藩と新選組」

日時:10月29日(日)午後2時~午後4時

会場:講堂 

定員 200名(当日9:30より整理券配布 先着順)

講師:霊山歴史館副館長 木村 幸比古 氏

○講演会Ⅱ<要入館券>

演題「徳川慶喜・昭武、渋沢栄一 フレンチ・コーヒーを飲む―将軍・元志士を魅せた嗜好品―」

日時:11月11日(土)午後2時~午後4時 

会場:講堂

定員 200名(当日9:30より整理券配布 先着順)

講師:松戸市戸定歴史館館長 齊藤 洋一 氏

○展示解説<要入館券>

日時:①10月8日(日)「桜田門の巻」②10月21日(土)「新選組の巻」③11月3日(金・祝)「天狗党の巻」④11月19日(日)「大政奉還の巻」いずれも午前11時・午後2時

担当:当館主任研究員 由波 俊幸

○小・中学生向け展示解説<要入館券>※11月13日(県民の日)は無料

日時:①10月14日(土)午後3時30分②10月15日(日)午前10時③11月13日(月・県民の日)午前10時、午後3時 

担当:当館主任研究員 由波 俊幸

○ミニ講座<要入館券

演題「志士の日記・書簡をよむ」

日時:10月15日(日) 午後2時~午後3時

会場:講堂

担当:当館主任研究員 由波 俊幸

定員 200名(当日9:30より整理券配布 先着順)