沿革と概要

沿     革

茨城県立歴史館は,昭和48年に職員組織が発足し,昭和49年9月3日に開館式を行いました。歴史館は,発足当時から次のふたつの機能を合わせ持つ施設として設計され,開館しました。

(1)文書館としての機能

・茨城県の歴史に係る資料を収集・整理・保存し,一般の利用者に提供する仕事です。文書館としての機能を持つ施設は一般に,「文書館」とか「公文書館」という名前が付けられていますが,茨城県では,「歴史館」という名前で発足いたしました。

・現在では古文書や行政資料などを30万点以上収蔵し,閲覧室を通じて,一般に公開しています。

(2)博物館としての機能

・茨城県の歴史に関する各種資料を展示し,一般に公開する仕事です。開館以来,歴史・美術工芸・絵画・民俗・考古などの各部門にわたって,多彩な展示を行ってきました。

・平成4年10月からは,それまでの部門別展示に加えて,本館2階で原始・古代から現代にいたる茨城県の歴史の流れを追う「歴史系総合展示」をオ-プンしました。

・一橋徳川家から資料が大量に寄贈されたことにともない,昭和62年に一橋徳川家記念室が作られました。ここでは,一橋徳川家が所蔵していた数多くの美術・工芸品等を6つの分野に分けて,順次展示公開しています。

 

概     要
茨城県立歴史館の開館以来の主な動きをご紹介します。

年   月 で     き     ご     と
昭和45年 1月 茨城県歴史館基本構想決定。財団法人茨城県教育財団が,茨城県歴史館を水戸市緑町2丁目茨城県立水戸農業高等学校跡地に建設することを決定する。
昭和48年 2月 茨城県歴史館の設置及び管理に関する規則が制定される。
昭和48年 3月 茨城県歴史館本館建設工事が竣工する。
昭和48年 4月 茨城県歴史館の職員組織が発足する。
昭和48年12月 旧水海道小学校本館復元及び旧茂木家住宅移築を完了する。
昭和49年 9月 茨城県歴史館の開館式を挙行,展示室と閲覧室を開室する。
昭和55年 6月 民俗収蔵庫建設工事が竣工する。
昭和56年 4月 茨城県教育財団が,歴史館の施設・設備等すべてを茨城県に寄付し,県の「学校以外の教育機関の設置,管理及び職員に関する条例」にもとづいて茨城県立歴史館が設置される。茨城県教育財団が,管理運営及び事業の実施について委託を受ける。
昭和62年 3月 一橋徳川家記念室建設工事が竣工する。
平成 3年11月 茨城県立歴史館展示室増築工事が竣工する。
平成 4年10月 新規開館記念式典を挙行,歴史系総合展示を開始する。
平成 8年 3月 文書整理保管庫建設工事が竣工する。
平成13年 4月 歴史館の敷地が都市公園(偕楽園公園)として併用開始され,庭園が無料となる。
平成18年 4月 指定管理者として,茨城県教育財団が茨城県から指定を受ける。
平成23年 4月平成28年 4月 指定管理者として,茨城県教育財団が茨城県から第2期目の指定を受ける。指定管理者として,茨城県教育財団が茨城県から第3期目の指定を受ける。